寝汗@丸わかりガイド[原因・症状・病気との関係など]

ストレスと寝汗

寝汗をかくのは、そうした生理現象や病気などでなく、メンタルな原因であることも少なくありません。現代はストレス社会≠ニいわれるほど会社や学校、そして安息の場であるはずの家庭ですらストレスを受けるような世の中になっています。そんなストレスも寝汗を引き起こす大きな原因になっているのです。

過度のストレスというのは、自律神経に影響を与えます。自律神経というのは、自分の意思でコントロールできない動作を司る神経の事で、胃や心臓の動きなどは自律神経が関わっていますし、発汗作用も自律神経が制御する範囲に入ります。例えば、誰でも経験上どうすれば汗をかけるか≠ニいう事は知っていますので、運動したりサウナ風呂に入れば汗をかきますが、じっとしていて暑くもないのに、自分の意思だけで汗をダラダラ流す事は出来ません。自律神経は体調を維持する為に意識とは関係なく働く生理現象を司っているわけです。

この自律神経は過度のストレスを受けて生活をしていると調子が悪くなる事も結構知られています。そんなストレス生活を続けていると、自律神経のバランスが崩れて眠りが浅くなり、よく夢にうなされるようになって、結果的に寝汗をかくことになるわけです。また、夢とは関係なく自律神経のバランスが崩れると体表を守る機能も低下して汗を余分にかく事もあります。

どちらにしても、過度のストレスというのは寝汗の原因の一つなっており、これを放っておくと、いずれ自律神経失調症やうつ病などの神経性の病気になってしまうこともありますので、注意が必要です。


寝汗にお困りの方・寝汗の原因をお調べの方へ

寝汗対策には早寝&効果的な睡眠が最も有効です。寝ることで体の疲れが取れス トレス解消にもなり、それにより寝汗が少なくなるといわれていますし、何より身体が元気になってきます。

当サイトでは「短眠」を推奨しています。短眠とは短い時間で効果的に体力を回復させる技術のことで、日本人は短眠に取り組んでいる方が少ないです。体力 を十分回復させながら睡眠時間を短縮できれば1日の時間を長く使えますし、リラックス効果も高まるため寝汗対策にもなります。以下は今話題の睡眠時間短縮マニュアル・最 新ランキングです。是非各サイトをご参考下さい。

1位【3時間睡眠で自由を手に入れる!】14日間短眠プログラム
自由な時間がない・趣味た勉強の時間が持てないなどお悩みなら短眠法14日間プログラムを実践するだけで1日4時間以上の自由な時間を確保! 詳細 Click>>

2位睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法
短眠法で1年間で500時間も自由な時間を確保し、さらに集中力を高めて人生を豊かに生きる方法を限定公開!寝汗対策に有効なのでお勧めです! 詳細 Click>>

3位1か月でショートスリーパーになる方法
体の仕組みや人間の脳の特徴、関連性などについて研究しショートスリーパーに変身できるテクニックを解明!今だけ限定で無料特典を2つ贈呈! 詳細 Click>>



ここだけはチェック!寝汗のポイント

解消法1-睡眠篇-
寝汗をかくけど、病気ではないという人の寝汗の解消法を紹介したいと思います。まず明らかに盗汗っぽい(健康的な寝汗でない)寝汗をかくけど、他に病気の症状がない場合です・・・続きを読む

女性と寝汗
寝汗についてさまざまな特徴を学んできましたが、女性で寝汗に悩んでいる人は結構多いものです。ここでは、女性が寝汗に悩んでいる状態を示しながら、それぞれに詳しく見てい・・・続きを読む

自律神経との関係
実は、女性と寝汗の関係を探っていくと、部分的な寝汗をかく、という症状に悩まされているのは女性のほうが多い、ということがわかります。人には言えない悩みとして、下半身・・・続きを読む



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 寝汗@丸わかりガイド [原因・症状・病気との関係など] All Rights Reserved.