寝汗@丸わかりガイド[原因・症状・病気との関係など]

更年期障害の寝汗

女性は、さまざまな体調の変化によって寝汗をかくということがわかりました。体の健康を測るバロメーターの一つとも言うことができそうです。そんな女性が寝汗に悩むのは、更年期という時期もひとつ典型的な時期として考えることができそうです。

更年期とは、熟年期から老年期に移っていく中で、老年になる準備としておかれている期間です。この時期の女性は、女性ホルモンの分泌量がだんだんと減少していきますが、この減少がどのように起こるかによって、体内のホルモンのバランスは徐々に崩れていきます。

それによって、心身にさまざまな症状が現れるようになるのが更年期障害といわれる症状です。この期間はさまざまな症状を伴い、肉体的な症状と精神的な症状の二つが複雑に絡みあってなんらかの症状が現れていると考えるのが一般的です。

そして、この時期の寝汗は、肉体的な症状のひとつとして分類することができ、かなり典型的な症状として考えることができるようなのです。この時期に寝汗が現れるのは、血圧が高くなってくる、という症状と、発汗作用そのものの異常が現れる、ということの二つの理由が考えられるようですが、どちらに対しても、リラックスをして寝具などを整え、眠りに対してストレスを感じないようにすることが大切です。

また、自律神経の異常によって、部分的に異常な寝汗をかく、という人もいるようですが、これも漢方などを利用し、ストレスを取り除いてリラックスして対処するようにしましょう。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 寝汗@丸わかりガイド [原因・症状・病気との関係など] All Rights Reserved.