寝汗@丸わかりガイド[原因・症状・病気との関係など]

その他・女性特有の症状

このように寝汗と女性の関係を見てくると、実は寝汗は女性のほうがさまざまなシーンで悩まされているケースが多い、ということが分かるのではないでしょうか。

ホルモンのバランスや自律神経なども寝汗には大きく影響しているので、人生のさまざまな局面で寝汗に悩まされた経験がある、という人が出てくるようです。このように寝汗についてみてくると、安心していい自然の寝汗である場合と、なんらかの体調の変調を訴えている寝汗とがあります。

妊娠中の寝汗についてはあまり心配することはありませんが、出産しても寝汗が続いている場合には、もしかしたら妊娠中に甲状腺ホルモンの分泌異常などが発症した可能性もあるのです。

ですから、妊娠中からずっと続いているから大丈夫、と安心するのではなく、メカニズムとしてどのような時期には現れやすい、などということをしっかりと理解して自分の寝汗を観察してみる必要があるでしょう。

妊娠、出産を機に、月経前症候群を発症する人もいます。これにより寝汗に悩まされるようになった、という人もいるでしょう。この場合には定期的、周期的に寝汗のひどいときがあるでしょうし、それをシグナルにして自分の状態をつかむことができるでしょう。いつ、どのように、どんな周期でどこに寝汗をかいているのか、ということをよく観察してみることで、女性は実は自分の体調をつかむことがある程度できるともいえそうです。寝汗に悩んでいる女性は、自分にはどのようなことが当てはまっているのか、探ってみてください。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 寝汗@丸わかりガイド [原因・症状・病気との関係など] All Rights Reserved.